*

記録:2018年3月25日修理・車検

公開日: : 最終更新日:2018/05/31 log

昨年、自宅を出てすぐの道路で工事があり狭い迂回路を通った際に不注意でバンパーをぶつけてしまいました。

バンパーの修理と併せて購入時からの塗装剥げ、前から気になっていたパワーウィンドウなどまとめて修理をお願いしました。

2018年3月25日
走行距離:約90,550キロ
オイル交換
オイルフィルター交換
ワイパーゴム交換
ブレーキエア抜き
ブレーキオイル
ミッションオイル
フロントバンパー板金(アウター・インナー・ステー)
オールペイント(へこみ箇所パテ・ハードトップの塗装は含まず)
幌骨左右ヒンジ修理(固着・割れ)
幌貼替え
トランクワイヤー交換(内部でワイヤーが引っかかり開けてもらいました)
ドアミラー交換
パワーウィンドウASSY交換
ブレーキキャリパー洗浄・ピストン研磨(フロント・リア)
フロントキャリパーオーバーホールインナーキット組み込み
インレットスロットルチャンバー洗浄
エンジンマウント交換(左右)
ファンベルト交換(オルタネーター・パワステVベルト)
ハブベアリング洗浄・グリス交換・左右ディスクローター交換(フロント・リア)
タイロッドエンド左右4個交換
ヒーター点検(水回り)、ブロワーモーター交換
左右ドア内張り加工・組み換え・取付
スピードメーター交換
リアシャフトベアベアリング・オイルシール交換(左右)
スピードメーターセンサー交換
スピードメータードリブンギア点検
セルモーター交換(リビルド)

アルファスパイダーベローチェ塗装

予算の都合から塗装は全て剥離せずに元の塗装の上から塗ってもらいました。



上記以外で、ドアが下がっていたのも修正してもらいました。

以前信号待ちで隣り合ったドライバーから「半ドアになってるよ」と声をかけられたことがあります。
古いイタリア車ではドアが落ちてくるのはよくあることのようです。
なかなかピッタリ閉まらず、おもいっきり強くドアを閉めてやり過ごしていました。
いまでは以前ほど強い力は必要ありませんが(それでも現代の車に比べれば強く閉めています)ちゃんと閉まるようにはなりました。
ドアは乗車と降車で2回、家と職場の往復で1日に計4回開閉していますが気が楽になりました。

 

 

関連記事

ブレーキランプスイッチ調整

ブレーキペダルの取り付けをしてから降車後に時折ブレーキランプが点灯したままであることに気づきました。

記事を読む

シートに風を送るクールクッション

エアコンの効かない古い車に乗っていると夏の暑さが一番つらいものです。 パワーウィンドウが動かなかっ

記事を読む

HKB ステアリングスペーサー(ボススペーサー)

スパイダーはハンドルが遠く手長猿とも言われる運転姿勢ですがこういうものだと思い我慢して乗って

記事を読む

スピードセンサー交換

大雨でフロントウィンドウが曇ってしまった時、三角窓では改善できずブロワーファンを全開にして走っていた

記事を読む

純正との変更箇所

戻ってきたスパイダーを見ていて前オーナー(複数?)が交換した箇所に今更ながら気づきました。

記事を読む

エンジンマウント交換

エンジンマウントが傷んでいたので用意しました。 これに

記事を読む

フロアマット交換

もともと使っていたフロアマットは購入時からのもので汎用のものでした。 かなりくたびれています。

記事を読む

スパイダーSr.4シート

シートの交換

傷んだシート、いつかやろうとそのままにしてしまいがちです。 シートの張り替えは高価なため、中古シー

記事を読む

MOMO ショートウッド シフトノブ SK106

購入時からついているシフトノブです。 ほどよい大きさとシンプルでクラシカルなところが気に入っていま

記事を読む

インテークパイプ補修・交換

インテークパイプ補修 アイドリングが不安定でインテークパイプを見たところかなり傷んでいました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

alfa spider veloce 1991

2012年6万キロ修復歴なしで購入から今日まで6年間、日常の足として使

ムック 別冊CG CAR GRAPHIC選集 アルファ・ロメオ 3

115型スパイダーに関する特集は少なく、発行年の影響か

シートに風を送るクールクッション

エアコンの効かない古い車に乗っていると夏の暑さが一番つらいものです。

ブレーキランプスイッチ調整

ブレーキペダルの取り付けをしてから降車後に時折ブレーキランプが点灯した

Carrozzeria MVH-5100

車体購入時に取り付けられていたカーオーディオはCDもラジオも聞けていた

→もっと見る

PAGE TOP ↑