*

MOMO プロトティーポ シルバースポーク 350mm

公開日: : 最終更新日:2018/05/13 log ,

中古でステアリングを手に入れたのですが、ステッチが途中で切れていたり毛羽立ったりしているのが気になる点です。

購入時の状態

遠目に見るとそこまで傷んでいるようには見えませんが、近くで糸を見ると古さが感じられます。

 

ステアリングの表皮は縫い付けられているわけではない

プロトティーポの内側には白いステッチがあり革の端を一直線に縫われていますが、
ステアリングの表皮は縫い付けられているわけではありません。

以下の動画はMOMOの職人さんがステアリングを製作しているところです。

よく見ると隅っこに革の生地が見え、革を接着剤で丁寧に貼り付けていく様子がわかります。

革はしっかり接着されていて、ステッチはあくまで意匠なのですね。

 

ステッチを抜いてライターであぶる

抜けているステッチの部分がめくれてこないのを確認した後、レザーを切らないようにカッターでステッチを切って引き抜きました。
このステアリングはスポークの根元だけステッチが橋渡しになっているので残すことに。

引き抜いたステッチを捨てる前にライターであぶってみたら丸まったので、ステアリングの糸の末端をライターであぶりました。
指で触ると糸のでっぱりが気になりますが傷んだ糸のままよりはいいです。
縫い跡やあぶった糸を近くで見ると気になりますが遠目に見ればさほど気になりません。

革の手入れ

何もしていない状態。少し汚れが見えます。

メラミンスポンジで磨く

メラミンスポンジに水で薄めた中性洗剤をつけて全体を磨きました。

汚れが落ちたのか表面が研磨されたのか、マットな風合いになりました。
メラミンスポンジは研磨しすぎない程度にこするのがよいようです。
この状態で仕上げでもいいかもしれません。

 

レザーワックスで仕上げ

テカリが気になる場合はやらなくてもいいかもしれませんが、僕は革の表面保護のためレザーワックスを塗ってキッチンペーパーで乾拭きしました。

光沢が増しました。

 

仕上がり

そのほかスポークの端っこの革がめくれているところがあったので家にあった適当な接着剤を塗ってみました。

左:手入れ前
右:手入れ後

 

取付

ウッドステアリングに比べ太く、弾力があり力を入れて握りやすいです。
ライターであぶった糸は手に当たって気になるので切り取ってしまうかもしれません。

 

 

 

もともと着いていたSuperINDYと重ねてみると、内側に太くなっているようです。

 

 

プロトティーポは古くからあるデザインですがいろんな車種に合わせられるシンプルかつほどよくスポーティなデザインがいいですね。
古いステアリングも手入れすることでまだまだ活躍してくれそうです。

関連記事

テールランプの水漏れ対策

テールランプの浸水対策

アルファスパイダーのテールランプ内側への浸水は屋外駐車ではよくあることです。 この写真

記事を読む

MOMO Super INDY ウッドステアリング 350mm

購入時からついていたディッシュタイプのウッドステアリングです。 ウッドステアリングは初めてでしたが

記事を読む

スパイダーSr.4シート

シートの交換

傷んだシート、いつかやろうとそのままにしてしまいがちです。 シートの張り替えは高価なため、中古シー

記事を読む

HKB ステアリングスペーサー(ボススペーサー)

スパイダーはハンドルが遠く手長猿とも言われる運転姿勢ですがこういうものだと思い我慢して乗って

記事を読む

ブレーキランプスイッチ調整

ブレーキペダルの取り付けをしてから降車後に時折ブレーキランプが点灯したままであることに気づきました。

記事を読む

シフトブーツ・サイドブレーキブーツ交換

シートやドアの内張りも黒色に変更しましたがタンカラーの内装品は日に焼けて色が薄くなったり汚れが目立っ

記事を読む

ソフトトップ交換、幌骨の修理

塗装と併せてソフトトップの交換も依頼しました。 幌のいたみは購入時からでハードトップ付の車両のため

記事を読む

ファンベルトの鳴き止め

発進時の1速、2速、まれに3速のそれぞれアクセスを踏み込んだとき、それにたまにクラッチを切っている時

記事を読む

アルファロメオラウンドミラーと凸面鏡比較

ラウンドミラーに交換

購入時についていたミラーはSr.4の純正とは異なります。 前のオーナーは純正の電動ミラーが壊れてし

記事を読む

古い外車のスペアキー作成

車体購入時から鍵が1組しか無く、最初はドアキーがスペアなのだと思っていました。 その後、スペアキー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

alfa spider veloce 1991

2012年6万キロ修復歴なしで購入から今日まで6年間、日常の足として使

ムック 別冊CG CAR GRAPHIC選集 アルファ・ロメオ 3

115型スパイダーに関する特集は少なく、発行年の影響か

シートに風を送るクールクッション

エアコンの効かない古い車に乗っていると夏の暑さが一番つらいものです。

ブレーキランプスイッチ調整

ブレーキペダルの取り付けをしてから降車後に時折ブレーキランプが点灯した

Carrozzeria MVH-5100

車体購入時に取り付けられていたカーオーディオはCDもラジオも聞けていた

→もっと見る

PAGE TOP ↑